暗唱というもの久しぶりだ